BLOG

19/04/23 これは良い!

三井精機 Vertex55XⅢ についてですが

高精度パッケージ仕様にしたことが効いているのか、

そもそも Ⅱ→Ⅲ へのマイナーチェンジの過程の中で改善されたのか、

なんにせよ、長時間加工時の機械変位が期待以上に少なくて

驚きました!!!(もちろん良い意味で驚いてます)

今回の機械は穴あけなどを考慮して、主軸回転数を 15,000仕様にしたんですが

その主軸で S10000 F2500 R3ボールエンドミルでの加工、

時間としては17時間半。

加工終了直後に最芯だしした結果が、画像の通りです。

X 2ミクロン   Y 3ミクロン   のズレ。

いやーーーーーー 十分すぎるでしょう〜〜〜〜

しかも加工前の芯だしは、ほぼコールド状態でしたし

まだ中仕上げの状態ですから幾分芯ずれがあっても問題ないわー、な感じで

全く精度的に気にせずスタートした結果がこれですからねー

うん

良い機械だ。

ま、

オチみたいなことはありますけど(笑)

それも含めても、今のところ 120点くらいの評価です。

引き続き機械イジメてアラを探します(笑)

2019-04-24 | Posted in BLOGComments Closed