BLOG & NEWS

16/04/08 今月末の予定

2016.04.08

IMG_3240

 

家の前が桜並木なんですが、散った桜でうちの車は「サクラ柄」になり

「昨日、夜桜見に行っただろ」と疑われますが、それさ、濡れ衣です(笑)^^;

と、まぁ、4月ですね。

今月末に当社内で機械の入れ替えがあります。

安田YBM950V を 搬出 して

安田YBM950V を 搬入 します。

そうですね、同じ機械、、、、、、です。

ただ次の950にはひとつ大ネタが仕込んでありまして、

大昭和精機のダイナラインを工具長測定装置として採用しました。

これは優れものです。

ダイナライン単体でも有力な装置ですが、安田工業が制御ソフト開発に総力を挙げたというシステム。

機上でボールエンドミルのR形状の測定が可能とのこと。

しかも加工前のR形状と、加工後のR形状を比較照合することで

「工具最下点の摩耗・折損検知」ではなく

「工具R形状の摩耗検知」が可能となったということ。

難削材の3D形状を加工するとどうしても工具摩耗は進みます。

しかし従来の破損検知では最下点でしか、OK/NGを判定できませんでした。

それがフルR、180°において摩耗判定が可能となるため、削り残しを発見することができるのです。

これに加えて例えばBLUMのFormControlなどを併用・活用すれば

機上での形状精度保証レベルがグンと上がるだろう、と期待しています。

FormControl もいずれ欲しいなぁ と夢は膨らむわけです(笑)

ということで、このネタはまた機械が納入されましたら、続報書きますね。

※画像は既設950です。ダイナラインのマグネットシートは大昭和さんが作ってくれました ^^ 一所懸命PRします!