BLOG & NEWS

16/09/25 BIG ダイナライン

2016.09.25

image

4月に入れ替えをした、安田 YBM950V には大昭和精機ダイナラインを搭載しています。

機上にてボールエンドミルのR測定、ラジアスエンドミルのR測定ができる優れもの。

もちろん工具長、工具径、刃ごとの振れ測定も可能です。

上の画像は

「加工前のRプロファイル」 に対して 「加工後のRプロファイル」 を

比較してR全体における摩耗量判定もできるようになっています。

この加工ではR先端部を使用した平坦部加工が多かったために

先端部が10μ弱の摩耗をしていることがわかると思います。

この摩耗量が指定した値を超えると、エラーにしたり、予備工具に交換して再加工したり、

いろいろなその後の対応へ活用できる、ということなのです。